トピックス

八王子めじろ台教室

今日は10月第2回目の授業!

こんにちは!
今日は10月第2回目の授業でした!

ベーシックコースではスライムホッケーというゲームを作りました!このゲームではプログラミングでよく使う「もし~なら」について学びます。条件によってプログラムを変えるということはプログラミングでは頻繁に出てくるため、とても大切です。ゲームの改造としてはキャラクターの操作方法を変えてみたりしました!

プレミドルでは答えを当てる推理ゲームを作りました!ここでは、命令を受け取るとプログラムが実行されるという関数を学びます。関数の基礎はベーシックコースで学んでいるため、すぐに理解してくれました。Scratchと比べることでプログラムの構造がイメージしやすいようです。

ミドルコースでは、なんとwebサイトを作成しました!普段と違い、ゲームを作るわけではないのでイメージが難しいところもありました。しかし、ゲームを作るのとはまた違った達成感があるのか、生徒さんもしっかりと理解しようとしてくれました。より実用的なプログラミングを学ぶことで、プログラミングを身近に感じてさらに興味を持ってくれたら嬉しいです!

アドバンスコースは今日はお休みでしたが、Unityを使って脱出ゲームを作成しています!

次の授業は11月14日と期間が空いてしまいますが、忘れないように復習はしておいてください。(笑)

ブログ更新していきます! 普段の授業について

こんにちは! プログラミング講師の金子です。
普段の授業風景などをブログでご報告していきたいと思います。

現在、めじろ台教室ではベーシックコースからアドバンスコースまで様々な生徒がプログラミングを学んでいます。ベーシックコースではScratch、プレミドルコースではPython、ミドルコースではVisual Studio Codeなど、様々な開発ソフトを使ってゲームを作り、プログラミングを学ぶことができます!アドバンスコースでは、実際のゲーム開発でもよく使われているUnityを使ってゲームを作っていきます。アドバンスコースにもなると教える方も大変です(笑)

さて、普段の授業ですが、生徒はプログラミングが書いてある教科書を見ながら自分でゲームを作っていきます。わからないことがあれば講師がアドバイスしながらゲームを完成させていきます。ゲームが完成してからが一番楽しい時間です。生徒は完成したゲームをもとに自分なりのオリジナルゲームに改造していきます。例えば、味方のライフを増やしたり、敵を増やしたり、スピードを変えたりなど改造する方法はいろいろあります。生徒によって様々な改造の発想があり、私も驚かされます。もちろん、ゲームがうまく動かないこともあります。そんなときは講師がサポートしながら、なんでうまく動かないのかを考えていきます。これがプログラミングで一番大変なことかもしれません。しかし、原因を特定してそれを解決する方法を考えることで生徒の問題解決能力が養われていきます。最近では、プログラミングに慣れてきた生徒も多く、講師の出番が少ないこともあるため、ちょっと寂しいと感じることもあったりします(笑)

このように、ゲームを通じて楽しみながらプログラミングを学ぶことができるのがこのプログラミング教室の特長です。学校でもプログラミングが必修化されるなど、これからはプログラミングの技術が必要となることも増えてくると思います。会社によっては理系はもちろん、文系でもプログラミングの技術が必要になることもあり、将来にも活かすことができる技術です。ご興味のある方はぜひ体験に来てください!

また、オンラインでのプログラミング教室も開講しています。新型コロナウィルスの影響などで塾に通いづらいということもあると思います。そのため、Zoomを使ったオンライン授業を始めました。こちらもご興味がある方はお問合せ下さい!

クラス増設

この3月で丸2年を迎える「めじろ台教室」ですが、この1年で大きく生徒数が増えました。この2月よりクラスを増やします。
曜日は変わらず毎月第2・第4土曜日ですが、
■ベーシックコース・プライマリーコース
 ①10:00~11:00クラス
 ②11:00~12:00クラス
 ③15:30~16:30クラス
■ミドルコース
 ①15:30~17:00クラス
また、ミドルコースは4月よりクラスを増やします。午前のコース
 ②10:30~12:00クラス
も開講します!また、そのための体験会を2月~3月にかけて行いますので、小学生高学年や中学生の皆さんご期待下さい!
さらに、平日ご希望の方もお気軽にご相談下さい。
是非一度体験に来てみて下さいね。

授業風景1

みんな集中!
でも…わからないときは何でも聞いてね。

こんなにいろんな生徒が…

小学1年生になったばかりでも…あっという間に慣れちゃうんだね…先生もビックリ!!!
小4なのに…もうミドル?1年前は何もわからなかったのに…すごいね!!
中2でも大丈夫だよ!飛び級だって出来るからね!!でも…やっぱり早いね。パソコンわからないって言ってたのに…ウソだろ?(笑)

今いる生徒達の実際です!是非、1度見に来てね!!楽しいよ!!!

本日、また体験会参加者がその場で入会!

昨年4月に開講して、この1年はたった2名で学んできました。
1年経ったこの3月は少々気合を入れて募集をしましたところ、昨年を上回る反響と体験者の数でした。昨日までで、今月から始めた方が3名に来月から1名の申し込みがあったのですが、本日も体験会を行ったところその場で入会。来月から始めることになりました。
始められる方の学年は様々、ほぼ1~6年まで全学年いる状態ですが、今度1年生に上がる子まで1時間もするとスラスラとマウスを動かし、ドラッグするのを見ると、やっぱり好きなものは覚えるのも早いんですね。さらには、1時間どころか長い子は2時間近くずっと夢中になって席を立ちません。すごい集中力です。
お母さん方からも、「習い事でこんな顔見たの初めて!」とか、「全然机に座ってられないの子なので大丈夫かな?って思ってたんですが、1時間以上もずっと集中してるなんて信じられない!これをきっかけに勉強の方にも集中できるようになってくれれば」と言った声が聞かれました。
まさに、今の子たちですね。今の10代の子たちは、好きなことをやらせたらとっても集中するし、その道を極める子もたくさんいます。将棋の藤井6段や、オリンピックで活躍している若い世代の子は皆そうです。勉強ができなくなっているとか、集中力が無くなっていると言ったことが叫ばれていますが、このような様子を見ると全然そんなことはなく、好きなことを見つけ本当に極めさせることの大切さがわかります。
英語には定評のある、ある私立中学の先生も「最近はなかなか伸ばせ切っていなくて困っているんですよ。今までは、小学校では英語をやってなかったので、まっさらな状態で来てくれました。だから、皆英語を好きにさせられたんですよ。でも今は、小学校で英語をやるようになって、半分近くの子が嫌いな状態で入学してくるようになりました。そんな状態から好きにさせるのは容易ではないんですよ!」と仰っていました。このことからも、勉強も、好きなことから勉強に繋げていけば自然と自ら学べるようになりますが、強制的にやらせると嫌いになってなかなか飲み込めなくなってしまうんですね。そういう意味では、このプログラミング教室は、これから何をやるにしても一つのきっかけとしてはとても素晴らしいものだということに改めて気付かされました。

プログラミングラボを体験しよう!

無料体験に申し込む
TOPへ