トピックス

名張桔梗が丘教室

7月12日(日) 新聞折込チラシ入っています

こんにちは!
kidsプログラミングラボ スタッフ永島です。
7月12日(日) 三重県名張市地域に新聞折込チラシが入りました!
是非ご覧ください。

先日、小学1年生のかわいいお友達がご入会してくださいました。
最近、学校でカタカナを学習したばかりの子ですが、テキストを一生懸命音読しながらチャレンジしてくれました!

お母さんと離れて習い事に行くのは初めての経験。
幼稚園や小学校と違って、自分と同じ年頃のお友達も見当たらないし、少し不安そうに窓の外を見ていましたが、それもはじめだけ。

授業が始まると、1年生とは思えない集中力で、その日の目標を達成してくれました!

お迎えにきてくれたお母さんにも作品を見てもらってとても満足そうに、帰りは良い笑顔で「バイバイ」と元気よく手を振ってくれました。

でも、きっと、一番心配していたのは、お母さんだったでしょうね。

またたくさんのお友達と出会えることを、楽しみにしています。

3月のプログラミングレッスン

こんにちは。
kidsプログラミングラボ 名張桔梗が丘教室です。



3月も明日で終わり。

お庭の桜が花を開き始めたところで、寒の戻りが。
とても肌寒い一日で、桜も花開くことを今は足踏みしているかのようです。

コロナウイルスが世界を覆うかのように、私達は見えない敵への恐怖にどのように対応してよいのやら、情報も錯綜し、お店からは様々なものが数を減らし、消えていき・・・

でも、こんな時こそ、冷静にそして的確に、緊張感を持ちつつも一番は笑顔を忘れずに、落ち着いた対応をしていきたいと思っています。

3月のキッズプログラミングのレッスンは、時間帯にひとり、ふたりと、密集することのないようにご予約の制限をさせていただき、
授業前・授業後は殺菌・抗菌石鹸での手洗いを徹底してもらいながらのレッスンです。

学校もお休み。お友達にも会えない。ご両親はお仕事もあるのでお家で兄弟2人で過ごしているとのこと。
「でも、ラーメンを自分で作れるようになったよ!」というお兄ちゃん。焼き海苔が2枚乗っているラーメンの写真もお母様に見せてもらいました。
とっても美味しそう!先生も出前しても良いかしら?(笑)
本当にエライね!よく頑張っているね!

プログラミングも頑張りました。
高い集中力を持って、難易度の高いゲーム作成に取り組みます。

「勇者の冒険」といった内容で、宝石をゲットすると回復力が上がり、敵に当たると回復力は下がるけれど、宝石の数は3倍になる、宝石を10個ゲットすると次のステージに移動しスピードアップする、といったものを作りました。

そこから更に、「こんな風になるといいな」という頭の中で思い描いたイメージを形にするには・・・
トライ&エラーを繰り返す、それも楽しい時間でした。
「またお家で続きをやってみる!」とのこと。上手にできたら弟ちゃんにお兄ちゃんの作ったゲームを触らせてあげてね♪

不要不急の外出は控えるべきですが
できる限りの対策を取って、「まなび」を積み重ねていく時間も大切にしてもらいたいと思っています。

2月9日(日)キッズプログラミング教室 教室説明会を開催しました!

2月9日(日)


kidsプログラミングラボ 名張桔梗が丘教室にて「プログラミング教室体験会・説明会」を開催させていただきました。

定員3組のところに多数のお申込みをいただき、今回は午前・午後共に5組のお子様と保護者様がご参加くださいました。
保護者様向けの説明会では「これからの日本の教育の変化について情報をいただけて嬉しかったです」というご感想をいただけたこと、
想いをお伝えすることができたようで、私達スタッフもとても嬉しく思っております。
ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。

体験をしてくれたお友達は、学年も様々。スキルもそれぞれ。
それでもテキスト片手にひとつひとつプログラミングを組み立て、ゲームを作成することができました。

早速ご入会もいただきましたので、いよいよ3月から本格的なプログラミングの授業がスタートです!
「できた!」という感覚をたくさん感じながら、未来に向かって楽しく、そしてしっかりと一緒にがんばろうね!

キッズプログラミング体験会

2020年1月19日(日)

地域の小学生対象に「ゲームを作ろう!」と銘打ったプログラミング体験会の開催にご協力させていただきました!
午前・午後 計50名の定員が募集まもなく満員になったとのこと。将来必須になるプログラミングへの関心度の高さがうかがえます。

日頃、小学生対象のパソコン教室を受け持ってはいるものの、プログラミングを限定とした一大イベントは私たちも初めての試み。
どうすればみんなが楽しんでくれるだろうか・・・企画から準備まで試行錯誤をし、たくさんの方にご協力を仰ぎ、ドキドキしながら19日を迎えました。

が、そんな緊張や不安はすぐに吹き飛ぶほど、お部屋に入ってくるみんなの顔がワクワク、キラキラしていて「早くやりたいなー、触りたいなー」と言いながらウズウズしている姿。いざ講習が始まると、真剣でまっすぐで熱い眼差しで講師の話をしっかり聞く姿勢。そして何より、とても楽しそうにプログラミング体験をしてくれたこと。笑顔が溢れた時間に、安堵を越えてとてもとても幸せな気持ちになりました。

ゲームとしてはシンプルな素材と動きだったにも関わらず、基本を作成後「好きなように改造して良いよ!」というと、子供達ひとりひとりの個性が存分に発揮され、「楽しさ」が溢れ出ている作品に仕上がったことに、子供の想像力の豊かさ、柔軟さを痛感して驚くばかり。

でも、今回はたった2時間弱の体験。プログラミングの第一歩。
自分が思い描く通りにプログラミングを組み立てるには、もっともっとお勉強は必要になるね。
それでも、参加してくれた小学生のみんなはプログラミングの楽しさを存分に感じてくれたのではないかと思っています。
「またやってみたい?」という質問に、全員が勢いよく手を挙げてくれたこと。本当に嬉しかったです。

今回参加できなかったお友達もたくさんいるだろうな・・・
今回参加してくれたお友達とも、また会いたいな。続きも作りたいよね。

また会おうね。
次は是非一緒にやろうね!

たくさんのお友達と会えること、私たちも楽しみにしているよ!

↓↓↓イベントでみんなが作ってくれた作品はこちら↓↓↓
【午前の部】


【午後の部】

プログラミングラボを体験しよう!

無料体験に申し込む
TOPへ