ジュニアプログラミング検定対策講座 - KID'Sプログラミングラボ

試験内容/引用元(試験協会):サーティファイ情報処理能力認定委員会
ジュニア・プログラミング検定|ジュニア・プログラミング検定 | 資格検定のサーティファイ│あなたのスキルアップを応援します|

資格対策講座

プログラミングラボのコースは難易度(レベル)ごとに5コースに加えて、ジュニアプログラミング検定対策講座のカリキュラムができました。

ジュニアプログラミング検定

プログラミングを学ぶ子ども達を対象とした資格試験です。

1つの作品を完成させる実践的な試験内容

Scratchを使用したプログラミングスキルを測定し、その能力を証明・認定します。 子ども達の成長を段階的かつ客観的に明らかにすることで、自信や達成感につなげ、更なる目標に挑戦する意欲を育てることを目的として2016年12月より開催しています。
ジュニアプログラミング検定は、漢字検定、数学検定、英語検定と同様に現在私立中学受験のアドバンテージ要素としても注目視をされております。

1つの作品を完成させる実践的な試験内容です。

上位級ではあらかじめ作られたプログラムを修正する「仕様変更」も出題

単にブロックの知識を問うのではなく、実際にScratchを使用してゲームなど1つの作品を完成させる実践的な試験内容です。受験者は問題文や完成例ムービーを参照しながら、制限時間内にプログラムを作りあげます。
検定対策講座では、制限時間を意識した問題演習を行います。

自由な発想でより良い作品をつくる アレンジ問題を出題しています。

自由な発想でより良い作品をつくるアレンジ問題を出題

問題の指示通りに作品をつくった後は、自由に独自の発想を加え、かつ、そのアイディアを説明する「アレンジ問題」を全級で出題しています。 問題の指示に従ってプログラムを作成するだけでなく、自由な発想や相手に説明するスキルも評価します。

検定受験費用

試験内容/引用元(試験協会):サーティファイ情報処理能力認定委員会
ジュニア・プログラミング検定|ジュニア・プログラミング検定 | 資格検定のサーティファイ│あなたのスキルアップを応援します|

級名 Entry
(4級)
Bronze
(3級)
Silver
(2級)
Gold
(1級)
出題形式 Scratchを用いて、問題文であたえられた条件を満たしたプログラミングを行う。
試験時間 30分 40分 40分 50分
受験料(税込)
2020年4月以降の受験
2,400円 2,600円 2,800円 3,000円
出題例

例:おいかけっこゲームをつくろう。

例:レースゲームをつくろう。

例:計算ゲームをつくろう。

例:シューティングゲームをつくろう。

各コースのご案内

▼ コース名のボタンをクリック! ▼

エントリー

小学校中学校
お問い合わせ

お問い合わせフォームの「興味があるコース」から、
「検定対策講座」をお選び下さい。

TOPへ