フランチャイズとは

フランチャイズとは?

加盟する人・法人が、フランチャイズ本部から、お店の看板、確立されたサービスや商品を使う権利をもらい、その対価をフランチャイズ本部に支払うという仕組みです。
フランチャイズ本部は、新しいオーナーを随時迎え入れ、短期間で成果の出る店をつくっていきます。
そのために必要となる、仕入れ・販売・集客・採用・商品開発などの各要素を、パッケージにすることで、未経験からでもしっかりとビジネスを行うことができるように構築します。

それぞれのノウハウは専門的な知識と経験が必要なものですが、加盟店はそのノウハウを、一度に手に入れることができます。
ノウハウを受け取る代わりに、加盟店オーナーは「ロイヤリティ」を本部に支払うビジネス構造となっています。

フランチャイズのメリット

1. 本部のブランド力を活用できる
「いつも見慣れた看板のお店の安心感に惹かれ、ついつい入ってしまった。」という経験は、誰もが一度はあると思います。ブランド力は、集客効果の面で絶大なメリットといえます。
一方、無名な飲食店の場合、開業初日からの十分な集客は見込めないことがおおく、リピーターを地道に増やしていくことが求められます。

2. 継続的な集客支援が受けられる
どんな商売でも共通して課題となるのが、見込み客の「集客」です。特に、個人店などの小規模の店舗では、広告宣伝にかけられる費用を捻出することは難しくなります。
その点、フランチャイズの場合、フランチャイズ本部がチェーン全店に対して行う広告となるので、その分高額の広告費をかけることができます。
テレビCM・大規模なカラーチラシの配布など、なかなか手がつけられない大規模な集客手法を、本部が実施。その恩恵を各加盟店が享受することができます。

3. 未経験から参入できる
立地選定から実際の運営に至るまで、運営ノウハウがパッケージ化されています。接客についても詳細なマニュアルがあり、本部担当者による研修が、数日から数ヵ月に渡って行われます。
「未経験でも”憧れの仕事”で開業したい!」
そんなオーナーの夢を具体的に後押ししてくれるフランチャイズという仕組みは、社会的にも大きな意味を持っています。

4. 商品・サービス開発は本部が実施、運営に専念できる
商品開発、サービス向上のためのマニュアルのブラッシュアップは、フランチャイズ本部の仕事です。加盟店は、店舗運営・スタッフ採用、教育に専念することができます。

フランチャイズのプログラミング教室

プログラミング教室「Kidsプログラミングラボ」を展開するのは、学習塾を35年経営する株式会社Blue Planet。子どもたちの能力を上げるため新しい試みを続けるなか、ビジュアルプログラミング「Scratch」に着目し、独自カリキュラムを開発しました。

子どもたちは大好きなゲームを作りながら、集中力・発想力・創造力・問題解決能力を養います。楽しく自発的に理数系の能力を伸ばす「STEM教育」が、一人ひとりの可能性を広げています。

プログラミングは将来、必須のスキルとなるでしょう。現在のプログラミング教育者は、未来のリーダー育成という使命を担っています。

Kidsプログラミングラボの強みは、初歩の「ビジュアルプログラミング」から本格的な「テキストプログラミング」へと無理なく移行できるカリキュラムを独自に開発していること。自立学習型のオリジナル教材を使って、子どもたちはトライ・アンド・エラーを繰り返しながら学び、講師はナビゲーターとして彼らを支えます。

オーナーが指導に関与する程度は、各教室の方針によってさまざまです。教材を研究してプログラミング技術を習得し、自ら指導にあたるオーナーがいる一方で、専門知識のある学生や社会人を講師に採用して運営する教室もあります。

35年続く学習塾が展開する事業なので、経営ノウハウが充実。教育業界未経験のオーナーが半年間ほぼ土曜日のみの開講で生徒40名超を獲得し、2年間で100名を突破したという実績も生まれました。異業種から参入して、成長を続けている例もあります。

なおロイヤリティ月額は、1,500円~と比較的低めです。

詳しくは下記URLをご参照ください。
Kid’sプログラミングラボ

コメント